免疫力を高めておきたい。

投稿日: カテゴリー リンパセラピスト育成スクール, リンパ・ストーンベッド・フォト美顔についてタグ , ,
リンパマッサージ
リンパマッサージでリラックス

こんにちは~^^
和心では、お客様への施術の他に、『リンパセラピスト育成スクール』も随時開催しているのですが、
先日の学科講習で行った内容が、『自律神経とリンパの関係』でした。
セラピストを目指す方以外の皆様にも是非知ってほしい内容でもあるので、
今日は、自律神経とリンパの関係について少しだけお話させていただきます。

コロナの影響もまだまだ続く中、皆様さまざまな事を我慢していますよね。
日々の何気ない生活でもマスクや手洗い、密を避けるなど、たくさんのストレスを感じながら過ごしていることと思います。

私達は、何らかのストレスを受けると、大脳から、不快な刺激が視床下部という場所へ送られ、ホルモン分泌に変化が起きます。そして、ホルモン分泌不良になると自律神経もその影響をうけバランスが乱れてしまいます・・・。
バランスの乱れた自律神経を放っておくと、身体の様々な場所に異変が起きてきます。

疲れた、疲れが取れない、眠れない、元気が出ない、身体が重い、頭痛、めまい、、、、。その他にも自律神経の乱れは様々な影響を及ぼします。リンパマッサージの施術で、お客様のお身体を触っていても、背中の脊柱起立筋あたりがパンパンに張ってしまっている方なども、自律神経が乱れてるな~いつも気をはってリラックスできてないんだな~って感じます。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、お互いがバランスよく働くことがとっても重要なのです!!オンとオフみたいな感じですね。オンだけでは疲れちゃうし、オフだけでも活動できません。
簡単に説明すると、
交感神経が活発のときは、興奮状態で、それが長く続くと疲れやストレスを感じ、しいては免疫力が低下します。目は見開き、内臓の働きは低下します。
副交感神経が活発のときは、リラックス状態で、白血球のリンパ球が優位になることで免疫力が高くなります。(リンパ球は免疫細胞でウイルスを撃退してくれます)目は小さくなり、身体を修復しようと内臓も良く働きます。

私達の生活では、仕事や人間関係、今は感染対策などで、日々、緊張や何らかのストレスを常に受けている状態です。すると、交感神経ばかりが優位になり、うまく身体をリラックスさせて休ませることができなくなってきてしまします。

そこでオールハンドのリンパマッサージの出番なのです。リンパマッサージで人の掌の心地よい感触や適度な刺激は、肌から脳へ伝わり、セロトニンという物質が分泌され、それがストレスに対し有効に働くことで、心も身体もリラックス状態へと入っていくのです。セロトニン様~。(笑)
リラックス状態とはつまり、副交感神経が優位になるということで、リンパ球はよく働き、免疫力が高まっている状態です。リラックスするために必要なセロトニンは、脳内の伝達物質のバランスを保ち、必要なときにはブレーキをかける役割をもっていますが、このセロトニンを活用する方法として、人の掌によるマッサージや、アロマ、動物や植物などの自然に触れる方法などがあるのです。

リンパマッサージで心地よく感じるその瞬間こそが、私達の身体の免疫を高める最高の瞬間なんです!多くのストレスを感じる今だからこそ、リラックスできるその瞬間を大切にしてくださいね。

※スクールではこんな感じで身体のこと、リンパのこと、勉強していきます^^

スクール案内はこちら https://nagomi22398.wixsite.com/nagomischool

Healing resort Nagomi 和心

ヒーリングリゾートナゴミ

054-278-8208

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です